京都市北文化会館

〒603-8142
京都市北区小山北上総町49番地の2(キタオオジタウン内)
TEL:075(493)0567(代)
FAX:075(493)0607

トピックス

2013.11.05 鳳徳小学校でアウトリーチ活動<第5弾>を実施しました。

鳳徳小学校でヴァイオリン&ピアノ演奏会!

<アウトリーチ活動>第十回を実施しました。

 

 京都市北文化会館は、平成25年度から、芸術家の方々に地域の生活の場へ出向いて活動を行っていただくアウトリーチ活動を開始しました。

 

 第十回は五度目の鳳徳小学校の音楽の授業です。ピアニスト崔理英さヴァイオリニスト木下真希さんに訪問していただきました。

 

 小学1年生43人の生徒たち。元気いっぱい、音楽室へ。

 最初はエルガー「愛のあいさつ」。ヴァイオリンの名曲です。

 木下さんがヴァイオリンについてお話されます。

「ヴァイオリンは木で出来た箱のような、中は空洞の楽器です。低い弦から高い弦まで、四本の弦があります。弓は馬の尻尾の毛で出来ています。この弓で弦を擦って音を出します。弦をはじく奏法、同時に二本〜四本の弦を弾く奏法もあります。」

「では、ヴァイオリンのみで演奏する、バッハ「無伴奏パルティータ第3番より、ロンド風ガボットを聴いてください。」

 次に崔さんがピアノについてお話されます。

私はこの近くに住んでいます。鳳徳小学校の前も犬のお散歩コースなのでよく通ります。今日は懐かしい感じの音楽室で、皆さんに音楽を聴いていただこうと参りました。ピアノは習っている方も多いでしょうし、皆さんも時々聴くと思いますが、本当の名前は何と言うか知っている人はいますか?」

 

電気ピアノ?」という声が。

 

「それはちょっと違うのね(笑)。ピアノフォルテと言います。ピアノは小さい、フォルテは大きいという意味で、ピアノフォルテ<小さい音から大きい音まで出る楽器>という意味で名づけられました。こんなに高い音から、低〜い音まで、硬い音も、柔らかい音も出せる楽器です。今から300年くらい前に発明され、1800年頃に今の形になりました。音の出るしくみを知っている人はいますか?」

 

ハンマーで弦をたたいて音を出す!」

 

「よく知っていますね!そうです。この内部にたくさんの弦が、強い力でピンと張られているんですね。非常に精密に造られている楽器です。」

「それでは、シューマン「子供の情景」から聴いてください。」

 

 まず、見知らぬ国とそこにいる人たち」

「次は遊びの名前ですよ。何でしょう?休み時間に校庭で遊んだ人もいるかも知れませんね。」鬼ごっこという曲でした。

「最後は「重大な出来事」という曲です。蓋を開けて弾きます。大きな音が出ますよ。果たして、何が起こったのでしょう?」

 さて、お待ちかねの演奏体験コーナーです。

「子供用の、体の大きさに合わせた小さい楽器があり、それで練習します。今日は楽器屋さんから借りて来ましたので、演奏する人は前へ出て来てください。」

 あらかじめ班で一人ずつ決めた12人の生徒たちが前に出て来ます。

「顔だけ横を見て、少し上を見て、楽器をはさんで、あごを下げて。」

 みんな、思い思いの音を出します。

 

「それでは、モンティ「チャルダッシュ」を聴いてください。ジプシーの踊りの音楽を取り入れていますので、リズムが変化する楽しい曲です。」

 

「質問のある人はいますか?」

「ヴァイオリンを弾くと、体にビリビリ響くのはどういう感じですか?」

「それは体験しないと解らないなあ。ちょっとやってみますか?」

 すると「私もやってみたい!」「僕も!」と、結局10名以上の子供が再びヴァイオリンの演奏体験をすることに。やっぱり、みんな弾いてみたいんだ。

「では最後に、皆さんも知っているかな?ディズニーの曲を弾いて終わります。」「美女と野獣」。情感あふれる、美しい演奏でした。

 先生方、お疲れさまでした。本当にありがとうございました。

 

 京都市北文化会館の音楽の授業訪問、今年度はひとまず終了です。十回の訪問で、三つの小学校の約570名の生徒たちにクラシック音楽の生演奏を聴いてもらい、「きれいだった」「楽しかった」「びっくりした」「もう一度聴きたい」など、うれしい感想をたくさん聞かせていただきました。

 来年も引き続き実施していく予定です。興味をお持ちの方は、どうぞお気軽に京都市北文化会館までお問合せください。

2013.10.31 京都市北文化会館自主事業 KITABUNファミリーコンサート 0歳児からのクラシックvol.5

        京都市北文化会館自主事業

    KITABUNファミリーコンサート

 0歳児からのクラシックvol.5

 歌のおねえさんとアンサンブルのおねえさんによる、クラシックかクリスマスソングやアニメソングまで、楽しめる幅広い楽曲と音楽にあわせたリズムあそびなど、ご家族やお友達と楽しんで頂けるよう企画しております。

 クリスマス直前のこの日、ぜひ京都市北文化会館にお越しください。

 

 

開催日:平成25年12月21日(土)

11時開演(10時30分開場)

会場:京都市北文化会館 2階 ホール

地下鉄烏丸線北大路1番出口すぐ/市バス北大路バスターミナル下車すぐ

(※会館専用の駐車場はございません。公共交通機関をご利用ください。)

                                                           

 ☆全席指定(定員405名)

    中学生以上   800円 

     小学生以下  500円

    ※2歳以下のお子様で保護者の膝上の場合は無料となります。

 ☆曲目

   ユーレイズミーアップ

   トトロメドレー

   リバーダンス

   北風小僧の寒太郎など (童謡)

   そりすべりなど (クリスマスソング)  

 京都市北文化会館チケット発売中!

     

  ☆窓口にて発売しております。(火曜日を除く9時から19時まで)

  ☆お電話でのご予約も承ります。取り置き期限は1週間です)

     ※発売後の払い戻しは出来ませんので、予めご了承ください。 

  詳しくは、京都市北文化会館(075-493-0567)にお問合せください。

 

 主催/京都市北文化会館(公益財団法人 京都市音楽芸術文化振興財団)・京都市

 お問合せ/京都市北文化会館  (075)493-0567

 

 

 

 

 

2013.10.26 介護老人保健施設「がくさい」でアウトリーチ活動を実施しました。

介護老人保健施設「がくさい」でクラネット演奏会!

<アウトリーチ活動>を実施しました。

 

 京都市北文化会館は、平成25年度から、芸術家の方々に地域の生活の場へ出向いて活動を行っていただくアウトリーチ活動を開始しました。

 今回は鷹峯にある介護老人保健施設「がくさい」を、クラリネットアンサンブル京都黒笛音楽隊みなさんに訪問していただきました。

 

 入所されているお年寄りの方々が三々五々やってこられます。

「私たち京都黒笛音楽隊は、クラリネットという楽器のみで演奏するグループです。今日は、みなさんになじみのある曲を演奏しますので、楽しんでくださいね。」

 最初は「上を向いて歩こう」から始まります。

「歌詞をお配りしますので、いっしょに歌ってください。」

 「千の風になって」「早春賦」「見上げてごらん夜の星を」と続き、楽器の紹介をはさんで、「川の流れのように」「ふるさと」と続きます。

 最後は「津軽海峡・冬景色」でしめくくり。たくさんの拍手を送ってくださいました。

 京都黒船音楽隊のみなさん、ご苦労様でした。

 また暖かい季節に訪れたいと考えていますので、よろしくお願いいたします。

2013.10.26 平成25年度文化芸術活性化パートナーシップ事業 教育プログラム 吹奏楽団「雅」

平成25年度文化芸術活性化パートナーシップ事業 教育プログラム   

吹奏楽団「雅」 

 

  きいてみよう! かんじてみよう♪  

       すいそうがく〜

 

  ♪すいそうがくって、どんなおんがく?

   ♪どんながっきで、えんそうするの?

    ♪がっきって、どうやっておとがでるかな?

            …そんな「?」を、 

                      きいて、しっちゃおう!

 

☆プログラム☆

1部:きいてみよう!吹奏楽のコンサート

  ―「すいそうがく」って、どんな音楽かな?

ラデツキー行進曲、ウエストサイドストーリーセレクション ほか

 

     ゲスト演奏:バリ・チューバアンサンブル「SSK3」

      ―ユーフォニアとチューバだけの、アンサンブルだよ!

 

2部:かんじてみよう、吹奏楽の“?”

  吹奏楽のいろんな “?” を知ってみよう!

楽器のしょうかい / 音の出るしくみ / 指揮者たいけん!

 

※コンサート終演後、楽器に触れる「楽器体験」もあります!(小学生対象)

 

開催日:平成25年12月8日(土)

会  場:京都市北文化会館 2階 ホール

      地下鉄烏丸線北大路下車1番出口すぐ。

      市バス北大路バスターミナル下車すぐ。

      ※京都市北文化会館には駐車場はございません。

      公共交通機関をご利用ください。

 

開場:午後2時

開演:午後2時30分

終演:午後4時30分(予定)

 

入場料/無料 先着順(定員405名)

 ※定員になり次第入場をお断りする場合があります。

 

 吹奏楽団「雅」による、「きいて」「かんじて」「体験する」を中心に構成した、主に小学生を対象とした演奏会です。どなたでも十分お楽しみいただけます。親子席のご用意もございますが、どうぞ客席でお聴きください。

 

お問合せ/京都市北文化会館 (075)493-0567

       吹奏楽団「雅」代表/おの 090-1135-0171

主催:京都市北文化会館(公益財団法人 京都市音楽芸術文化振興財団)・京都市

    吹奏楽団「雅」(指揮:熊崎博幸)

 

2013.10.25 鳳徳小学校でアウトリーチ活動<第4弾>を実施しました。

鳳徳小学校でヴァイオリン&ピアノ演奏会!

<アウトリーチ活動>第九回を実施しました。

 

 京都市北文化会館は、平成25年度から、芸術家の方々に地域の生活の場へ出向いて活動を行っていただくアウトリーチ活動を開始しました。

 第九回は四度目の鳳徳小学校の音楽の授業です。ピアニスト田中亜古さんヴァイオリニスト中村公俊さんに訪問していただきました。

 

 小学2年生57人の生徒たちが入ってきます。

 

 最初はクライスラー「プレリュードとアレグロ」。息のあった演奏です。

 中村さんがヴァイオリンについてお話されます。

「ヴァイオリンは松と楓の木で出来ています。私の楽器で200年くらい前のものです。弦は、今はスチールやナイロン製ですが、本来は羊の腸を使っていました。弓は馬の尻尾の毛で出来ています。表と裏の木の間を支えている魂柱を見てください。一番大事な部品です。この小さな木片を0.1ミリずらしただけで音は変わるんですよ。ピアノと違ってドレミの位置に印はないので、覚えておかないといけないんです。」

「これから5つの国の特徴が表れている曲を演奏します。黒板に書いた国の中から名前を当ててください。正解の方にはミニ賞品を差し上げます。」

 

最初の曲は  フランス!大当たり!マスネー「タイスの瞑想曲」です。

2番目の曲は イタリア?アルゼンチン?当たらないね。

        アメリカ!正解です。「アメイジング・グレイス」です。

3番目の曲は イタリア!大当たり!クニャーニ「ラルゴ・エスプレッシーヴォ」です。ゆったりと表情豊かに、という意味です。

4番目の曲は アルゼンチン!大当たり!ピアソラ「リベルタンゴ」です。

最後の曲は  日本ですね。教科書にも載っている「朧月夜」でした。

このあたりで質問コーナー。

 

「何キロくらいありますか?」

「軽いよ。1kgないですね。」

 

「胴体にある黒い穴は何ですか?」

「弦を弓で擦って出す音は小さいんです。胴体の中の空気に共鳴させて大きくして、この穴から聴いている人のところへ届けるのです。」

 

「弦の先にある棒は何ですか?」

「これで弦の張りを調節します。弦はすぐゆるむので、常に調節していないと音が変わってしまうんです。」

 

「上手になるにはどうすればいいのですか?」

「練習あるのみですよ。サッカーや野球と全く一緒です。大きな夢も小さな目標も、すべて練習からですね。」

(ピアノについて)

「足元の棒は何をするものですか?」

「これはペダルと言います。足でふむと音が伸びて響きます。」

 

「さて、これからはみんなの知っている曲を演奏しますので、一緒に歌ってください。」

忍玉乱太郎『勇気100%』「天空の城ラピュタ」から『君をのせて』、と続き、みんな大きな声で歌ってくれました。

「一生懸命歌ってくれてありがとう。最後は、葉加瀬太郎「情熱大陸」を演奏します。髪の毛もじゃもじゃの人、知っていますか?この人も京都出身なんですよ。」

 

 アンコール!アンコール!の声が響きます。

葉加瀬太郎「エトピリカ」を演奏します。今日はありがとうございました。」

 

 熱のこもった演奏でした。

 先生方、本当にありがとうございました。

 

 京都市北文化会館の音楽の授業訪問、秋のシリーズが続きます。引き続き精一杯努めて参りますので、興味をお持ちの方は、どうぞお気軽に京都市北文化会館までお問合せください。

鳳徳小学校でアウトリーチ活動<第4弾>を実施しました。

2013.10.23 元町小学校でアウトリーチ活動<第2弾>を実施しました。

元町小学校でヴァイオリン&ピアノ演奏会!

<アウトリーチ活動>第八回を実施しました。

 

 京都市北文化会館は、平成25年度から、芸術家の方々に地域の生活の場へ出向いて活動を行っていただくアウトリーチ活動を開始しました。

 第八回は二度目の元町小学校の音楽の授業です。ピアニスト田中亜古さんヴァイオリニスト中村公俊さんに訪問していただきました。

 

小学5年生24人、6年生25人の生徒たちが入ってきます。

最初はクライスラー「プレリュードとアレグロ」。息のあった演奏です。

 

中村さんがヴァイオリンについてお話されます。

「ヴァイオリンは松と楓の木で出来ています。200年くらい経た木です。弦は、今はスチールやナイロン製ですが、本来は羊の腸を使っていました。弓は馬の尻尾の毛で出来ています。表と裏の木の間を支えている魂柱を見てください。一番大事な部品です。この小さな木片を0.1ミリずらしただけで音は変わるんですよ。」

「これから5つの国の特徴が表れている曲を演奏します。黒板に書いた国の中から名前を当ててください。正解の方にはミニ賞品を差し上げます。」

最初の曲は  フランス!大当たり!マスネー「タイスの瞑想曲」です。

2番目の曲は アメリカ!大当たり!「アメイジング・グレイス」です。

3番目の曲は イタリア!大当たり!クニャーニ「ラルゴ・エスプレッシーヴォ」

         す。ゆっくりと表現豊かに、という意味です。

4番目の曲は アルゼンチン!大当たり!ピアソラ「リベルタンゴ」です。

最後の曲は  日本ですね。教科書にも載っている「朧月夜」でした。

 

「さあ、これからはみんなの知っている曲を演奏しますので、一緒に歌ってください。最初は、忍玉乱太郎「勇気100%」です。」

「天空の城ラピュタ」から『君をのせてとなりのトトロ」から『となりのトトロ』と続き、みんな大きな声で歌ってくれました。

 

「元気良く歌ってくれてありがとう。最後は、葉加瀬太郎「情熱大陸」を演奏します。髪の毛もじゃもじゃの人の曲です。この人も京都出身なんですよ。」

質問コーナー。

 

「一曲を上手に弾くのにどれくらい練習が必要ですか?」

「曲によりますね。今日の曲は二人で2、3回合わせるくらいです。その場で楽譜を渡されてすぐ演奏、なんてこともありますよ。オーケストラとの協奏曲は、それこそ一年かけて練習する曲です。」

 

「ドレミはどのように出すのですか?」

「ヴァイオリンの弦を指で押さえて音階を出します。印がないので、練習して位置を覚えます。大きいチェロやコントラバスは多少ずれても大丈夫ですが、ヴァイオリンはほんの少しずれても音が変わるので難しいですよ。」

 

「何歳からヴァイオリンを始められたのですか?」

「3歳からです。その頃の記憶は無くって、いつの間にか弾いていました。家で母親とする練習がとても厳しくて、良く泣きながら練習していました。泣いた事にまた怒られて…、もう大変でした。でも続けていて良かったと思います。」

 

「先生方にとって音楽は何ですか?」

「非常に深い質問ですね(笑)。音楽は言葉の違う国の人とも共有できる喜びです。外国で一度合奏した人と再会した時、『あの時の君か!』と思い出してもらえると幸福の至りですよ。私は京都市立音楽高校(堀川高校音楽科)の出身で、40人のクラスに5人しかいない貴重な男子だったんですが、世界中に散って活動している同級生が、同窓会に30人は集まって近況を話しあう時もとても嬉しいですね。」

 

田中先生も話されます。

「私は元町小学校の卒業生です。私がいた頃、この校舎は木造でした。飼育小屋が当時のままですね。今は何を飼っているの?」

「うさぎ!」

「昔はにわとりを飼っていて、非常に暴れん坊だったので、運悪く飼育係になった私は、掃除のためににわとりを小屋から出すのが恐くて、毎回苦労しました。卒業アルバムにみんなが将来の夢を書くんですが、私は『ピアノの先生になりたい』と書きました。今その夢がかなって非常に嬉しいです。皆さんも、どんな夢でもいいですから、将来の夢を抱いてがんばってくださいね。」

 

もう時間が過ぎていますが、リクエストに応えてアンコール。

葉加瀬太郎「エトピリカ」を演奏します。今日はありがとうございました。」

 

 熱のこもった演奏でした。

 生徒たちが中村先生に「ヴァイオリンを見ていいですか?」「触っていいですか?」と声をかけてきます。興味はつきないようです。

先生方、本当にありがとうございました。

 

 京都市北文化会館の音楽の授業訪問、秋のシリーズが続きます。引き続き精一杯努めて参りますので、興味をお持ちの方は、どうぞお気軽に京都市北文化会館までお問合せください。

2013.10.16 ホールの2月、3月の空き状況について

 お 知 ら せ  

 

 平成26年2月1日(土)、3月8日(土)ホールが全日空いております。

 ご利用を希望される方はお早めにご連絡ください。

 

                 京都市北文化会館

2013.10.10 鳳徳小学校でアウトリーチ活動<第3弾>を実施しました。

鳳徳小学校フルート&ピアノ演奏会!

<アウトリーチ活動>第七回を実施しました。

 

 京都市北文化会館は、平成25年度から、芸術家の方々に地域の生活の場へ出向いて活動を行っていただくアウトリーチ活動を開始しました。

 夏休みをはさんで、再開三回目です。第七回は三度目の鳳徳小学校の音楽の授業です。フルーティスト石田眞由美さんピアニスト小西瑛里子さんに訪問していただきました。

 

 小学6年生53人の生徒たちが入ってきます。

 最初はアニメーション映画「銀河鉄道999」より『銀河鉄道999』

 続いていきものがかりエール川嶋あい『旅立ちの日にと続きます。

 

石田さんがフルートについてお話されます。

フルートは今ではほとんど金属製ですが、本来は木に穴をあけただけの楽器で、木管楽器なんです。みなさんが演奏するリコーダーがフルートのご先祖様なんですよ。横笛になり、いろいろなキーがついて現在の形に改良されました。非常に複雑な動きを必要とする、リムスキー=コルサコフ『くまんばちの飛行』を演奏しますので、聴いてください。」

 石田先生の指の動きをじっとみつめる子供たち。

 

 小西先生は鳳徳小学校の卒業生。小学校の思い出をお話しされます。

 

「私も母も鳳徳小学校の出身です。この同じ校舎で学びました。選挙の時に体育館へ来るくらいで、今日は久しぶりに教室などを見ることができました。音楽室はここじゃなかったような気がするんですが???よくわからないですね。これは四年生の時に音楽室でピアノを弾いている写真です。服装が時代を感じさせますね。」

 小西先生は思い出の写真を取り出されます。

「私は幼稚園の先生のピアノが好きで、幼稚園の先生になりたくて5歳の時にピアノを始めました。小学校六年生の時に、京都会館で『学童大音楽会』に六年生全員で出た時の写真がこれです。今日は、その時に私がピアノ伴奏をして、みんなで歌った『勇気ひとつを友として』を皆さんに聴いていただきます。歌詞カードを配りますので、知っている人は歌ってください。」

 

「私が六年生の時の音楽会を思い出すように、皆さんが今日の音楽会を覚えていてくれれば、非常にうれしいです。」

 と締めくくられました。

 

 再び石田先生がお話されます。

「先日、2020年の東京オリンピック開催を決めた会議はどこの国で開かれたか分かりますか?南米のアルゼンチンですね。アルゼンチンの代表的な音楽はタンゴです。タンゴの代表的作曲家、アストル・ピアソラ『リベルタンゴ』を聴いてください。」

「次はカーペンターズ『青春の輝き』です。これから青春へ向かう皆さんにピッタリの曲です。少し古いですが、名曲ですので、知っている人もいるかも知れませんね。」

「最後に、あと半年で卒業される皆さんにゆず『栄光の架け橋』を贈ります。いっぱい想い出を作って、中学生になってください。」

 

 少し時間があるので、質問コーナー。

「一日にどれくらい練習されるのですか?」

  石田「平均2時間くらいかな。家事や仕事もあるので30分の日もあります。でも毎日必ず練習し

      ます。」

  小西「私も毎日必ず練習ですね。昼間はピアノを教えていますので、夜に練習です。」

 

「いつ楽器を始められたのですか?」

  石田「中学の吹奏楽部で始めました。フルートが大好きになり、プロになろうと音楽大学に進み

      ました。」

  小西「先ほど申しましたが、幼稚園の時、五歳からです。」

「今からじゃ無理か!」という声があがりました。大丈夫だよ。

 

 担任の先生も思わず涙が出たとのこと。

 後で校長先生から昔の校舎の図面を見せていただくと、今の場所は理科室で、音楽室は同じ北校舎三階の東端に位置していました。小西先生の記憶は正しかったのです。先生方、本当にありがとうございました。

 

 京都市北文化会館の音楽の授業訪問、秋のシリーズが続きます。引き続き精一杯努めて参りますので、興味をお持ちの方は、どうぞお気軽に京都市北文化会館までお問合せください。

2013.10.07 鳳徳小学校でアウトリーチ活動<第2弾>を実施しました。

鳳徳小学校でギター&二胡演奏会!

<アウトリーチ活動>第六回を実施しました。

 

 京都市北文化会館は、平成25年度から、芸術家の方々に地域の生活の場へ出向いて活動を行っていただくアウトリーチ活動を開始しました。

 夏休みをはさんで、再開二回目です。第六回は二度目の鳳徳小学校の音楽の授業です。ギタリスト加藤信一さん二胡演奏家杉原圭子さんに訪問していただきました。

 小学5年生約38人の生徒たちは、音楽の教科書の外国の楽器のページに載っている中国の楽器を直に見られるとあって、興味津々です。

 最初は加藤さんの演奏で「愛のロマンス」

 「禁じられた遊び」の名前でも知られたスペイン民謡です。

 

 加藤さんがギターについてお話されます。

「ギターはスペイン生まれの楽器ですので、スペイン民謡がよく似合います。小学生の時、父がギターでこの曲を弾いていたのを聴いたのが、私のギターとの出会いで、一遍にギターが大好きになりました。小学生の頃はよくケンカもしましたが、担任の先生が言われた『みんなで協力しあおうね』という言葉は今でも心に残っていて、私の人生に役立っています。音楽は『力をあわせてひとつの曲を作りあげていくよろこび』です。」

 

ここでアニメーション映画「もののけ姫」から『もののけ姫』をお二人で演奏されます。

 杉原さんが中国の楽器についてお話されます。

「みなさん、中国は広い国です。今日はその広さを感じていただけるよう、中国の三つの楽器を持って来ました。本当は、千種類くらいの民族楽器があるんですよ。最初に、アルフーと呼ばれる二胡を演奏します。二胡は中国の江南地方、長江流域の蘇州や杭州あたりの楽器です。主食がお米の地方です。大きな川を小舟がゆっくりと下っていき、やわらかい風が川面をサラサラと揺らす光景を思い描いてみてください。」

 曲は「紫竹調」という曲です。

「後のふたつは、ひとつは北の方、もうひとつは南の方の楽器です。今から弾く音楽は北か南か、当ててみてください。特徴をお話ししますと、南の方、広州から香港へかけての地方は、高温多湿で、とにかく働く気がしないんですね。北の方は黄河流域で、乾燥しており、主食が小麦の地方です。」

 

考える生徒たち。

 

「これは広東高胡と言って、南の地方の音楽です。ゆったりとした曲ですね。二胡も同じですが、3〜5メートルの大蛇の背中の皮を使っています。」

 

 曲は「平湖秋月」という曲です。

 

「では北の地方の楽器、高音板胡を弾いてみましょう。」

 曲は「三十里舗」という曲です。

「キンキンと大きい音がしますね。桐の板を使っています。黄河流域の特徴は、木がなく、砂漠が迫っていることです。黄土高原から黄砂が日本まで飛んできますね。となりの村まで二日間かかるほど広大な大地です。子供たちは水を汲みに山道を登り降りします。誰もいなくてつまらないから、一人で歌を歌います。誰も聞いていないから、自然に声を張り上げます。そういう地方なんですね。」

 

「では、二胡を弾いてみたい人はいますか?」

 はーい!と一斉に手が挙がります。ジャンケンで二人が前に出て弾きます。

 なかなか上手に音を出します。拍手喝采!

サン=サーンス「白鳥」を弾きました。フランスの曲でも弾けますよ。日本の楽器は日本の曲しか弾けないことはありません。みなさんも、何にでもチャレンジしてみてください。」

「では最後に、賽馬」という曲を弾きます。競馬という意味です。草競馬の情景を思い描いてみてください。」

 

 続いて質問コーナー。

「さっきの曲で、馬の声を楽器で弾かれましたが、他の動物の声も弾けますか?」

「鳥の声を弾いてみましょう。」

「これは練習させられるんですよ。鳥が集まって来るまで練習です。」

 

「弓ははずれないんですか?」

「よく見ていますねェ。そうなんです。ヴァイオリンは弓は別になりますが、中国の楽器は、弓がはずれないんです。失くさなくていいでしょう。」

 

「馬の頭みたいなのは何ですか?」

「これは龍の頭ですね。螺鈿細工も施されています。みな手作りの美しい楽器ですね。」

「どのような楽譜を使われますか?」

「これもいい質問ですね。中国の楽譜は数字を使ったものです。これは和楽器の楽譜の応用なんですよ。他の楽器と合わす時は五線譜も使います。」

 

 まだまだ質問が尽きない生徒たち。でも終わりの時間が来てしまいました。

 夢中になって聴いてくれた生徒たちに、先生方も満足そうです。先生方、本当にありがとうございました。

 

 京都市北文化会館の音楽の授業訪問、秋のシリーズが続きます。引き続き精一杯努めて参りますので、興味をお持ちの方は、どうぞお気軽に京都市北文化会館までお問合せください。

2013.09.26 紫明小学校でアウトリーチ活動<第3弾>を実施しました。  

 紫明小学校でフルート&ピアノ演奏会!

<アウトリーチ活動>第五回を実施しました。

 

 京都市北文化会館は、平成25年度から、芸術家の方々に地域の生活の場へ出向いて活動を行っていただくアウトリーチ活動を開始しました。

 夏休みをはさんで、再開です。いよいよ芸術の秋ですね。第五回は三度目の紫明小学校の音楽の授業です。フルーティストの石田眞由美さんピアニストの小西瑛里子さんに訪問していただきました。

 小学5、6年生約80人の生徒たちが体育館に入ってきます。みんな大きいですね!

 

まず松本零士原作のアニメーション映画から、「銀河鉄道999」。続いてスタジオジブリのアニメーション映画から二曲、「天空の城ラピュタ」から『空から降ってきた少女』「風立ちぬ」から『ひこうき雲』。生徒たちから歓声が上がりました。

 

 石田先生がフルートについてお話されます。

 

 

「フルートは木管楽器の一種で、今では金属製ですが、もともとは木製でした。皆さんが吹かれているリコーダーがフルートのご先祖様です。私の楽器は14金製ですが、銀製やプラチナ製のものもありますし、木製のフルートを使う人もいます。それぞれ音色に特色があります。」

 

 ここでフルートの名曲、フォーレ「シチリアーノ」の演奏。

 

「さて、これからクイズをします。今からピアノで三つの曲を弾きます。いろいろな国の特徴が表現されていますので、それぞれの国名を当ててください。」

最初の曲は…ジアっぽいな!」そうですね。「韓国!」惜しい。「中国!」

      正解です。「太湖船」という曲です。ゆったりした雰囲気ですね。

次の曲は… 「スペイン!」一発で当てましたね。

     「エスパーニャ・カーニ」という曲。勇ましい闘牛士のイメージです。

最後の曲は…「イタリア!」これも一発大当たり。

      「フニクリ・フニクラ」という曲。世界最初のCMソングと言われています。 

「2020年の東京オリンピック開催が決められた会議は、南米のブエノスアイレスという都市で開催されました。この都市はアルゼンチンという国の首都です。アルゼンチンといえば、タンゴです。丹後半島ではなく、ダンスのタンゴね。タンゴの名曲、アストル・ピアソラ「リベルタンゴ」を演奏します。ダンスのイメージを感じてください。」

「もう一曲、あと半年で卒業する六年生のために「ビリーブ」を演奏します。卒業へ向けて、最後の小学校生活を精一杯がんばってくださいね。」

「最後の曲は皆さんへの感謝の気持ちをこめて弾きます。いきものがかり「ありがとう」です。」

 

 京都市北文化会館の音楽の授業訪問、今日から秋のシリーズが始まります。引き続き精一杯努めて参りますので、興味をお持ちの方は、どうぞお気軽に京都市北文化会館までお問合せください。

2013.09.08 パートナーシップ事業 教育プログラム「きらきら☆コンサート」を開催しました。

平成25年度文化芸術活性化パートナーシップ事業 教育プログラム

「きらきら☆コンサート」

を開催しました。演奏の間に楽器を紹介したり、アニメーションと共演したり、ひと味ちがうユニークなコンサートをお楽しみいただきました。

【第一部〜アンサンブル】

皆さんはアンサンブルって言葉をご存じですか?

同じ仲間、あるいは異なる仲間の楽器が数名で集まって演奏するスタイルです。

今日は楽器の紹介をしながら、アンサンブルの演奏をお楽しみいただきました。

*弦楽アンサンブル*

ヴィヴァルディ:ヴァイオリン協奏曲集「四季」より「春」第1楽章

*木管アンサンブル*

ディズニー・ミュージック・セレクション  arranged by Hidetake Konoe

*金管アンサンブル*   童謡メドレー   編曲:平田瑞貴

【第二部〜映像と音楽〜】

音楽物語『ダヤンのアベコベアの月』

 原作:池田あきこ  作曲:山本純之介  脚本・監督:宇井孝司

アニメーションの映像と弦楽三重奏、ピアノ、朗読が見事に溶け合い、不思議な空間を作り出しました。

小さなお子様から年配の方々まで、幅広いお客様にお越しいただき、ありがとうございました。京都市北文化会館では、今後も魅力ある事業を展開してまいります。どうぞよろしくお願い申し上げます。

 

 

2013.09.07 平成25年度文化芸術活性化パートナーシップ事業 教育プログラム きらきら☆コンサート

平成25年度文化芸術活性化パートナーシップ事業 教育プログラム

 

         きらきらコンサート

        〜みて!きいて!音楽の世界へ!〜

 

  開催日:平成2597日(土)

 

          開場:午後2時30分

 

 

          開演:午後3時

          終演:午後4時30(予定)

 

      会場:京都市北文化会館 2階 ホール

            地下鉄烏丸線北大路1番出口すぐ。

            市バス北大路バスターミナル下車すぐ。

             ※京都市北文化会館には駐車場はございません。

              公共交通機関をご利用ください。

 

同志社交響楽団による楽器紹介などを含む児童生徒向けの演奏会です。

主に小・中学生を対象としていますが、どなたでも十分お楽しみいただけますので、是非お越しください。

 

 

☆第一部〜アンサンブル〜

  *弦楽アンサンブル

   アントニオ・ヴィヴァルディ作曲 ヴァイオリン協奏曲<四季>

   <和声と創意への試み>作品8から

   第1番ホ長調RV269<春>

  木管アンサンブル

   ディズニー・ミュージック・セレクション

   arranged by Hidetake Konoe

  金管アンサンブル

   童謡メドレー

   編曲 平田瑞貴

 

☆第二部〜映像と音楽〜            

   音楽物語「ダヤンのアベコベアの月」 

   原作 池田あきこ

   作曲 山本祐ノ介

   脚本・監督 宇井孝司 

   アニメーション、朗読と共演します。ファンタジックな体験をお楽しみに

       入場料無料 先着順(定員405名)

            ※定員になり次第入場をお断りする場合があります。

 

      お問合せ/京都市北文化会館 (075)493-0567

             同志社交響楽団(都島) (090)4407-9458

 

 

主催/京都市北文化会館(公益財団法人 京都市音楽芸術文化振興財団)・京都市

    同志社交響楽団

 

2013.08.31 パートナーシップ事業 無料公演「同志社クラシック」を開催しました。

平成25年度文化芸術活性化パートナーシップ事業 無料公演

同 志 社 ク ラ シ ッ ク

を実施しました。幅広いジャンルの音楽を、同志社交響楽団のフルオーケストラによるダイナミックなサウンドでお楽しみいただきました。

 

第1部【アンサンブルの部】

弦楽アンサンブル

ヴォーン・ウィリアムズ:グリーンスリーヴスによる幻想曲

マーラー:交響曲第5番第4楽章「アダージェット」   指揮:池田 淳

金管アンサンブル

高橋宏樹:金管八重奏のための文明開化の鐘    

木管アンサンブル

ハイドン:交響曲第6番「朝」より 第1、3、4楽章

第2部【回生オーケストラの部】

1回生オーケストラ

ビゼー:「アルルの女」第二組曲より「ファランドール」  指揮:高原 慧

サン=サーンス:歌劇「サムソンとデリラ」より「バッカナール」  指揮:湯浦真太郎

2回生オーケストラ

ヴェルディ:歌劇「シチリア島の夕べの祈り」序曲    指揮:正木聡帆

第3部【企画オーケストラの部】

大河オーケストラ

NHK大河ドラマ・オープニングテーマより

「新選組!」(服部隆之:2004年)「八重の桜」(坂本龍一:2013年)

「黄金の日日」(池辺晋一郎:1978年)     指揮:池田 淳

新選組のハッピ、様になっていますネ。君たちは小学生だったろう。

八重の桜では篠笛が登場!さすが同志社大学、大学の誇りを感じます。

黄金の日日とは懐かしいです。君たちはまだ生まれていないんだね!

シネマオーケストラ

ジョン・ウィリアムズ:「E.T.」(1982年)より「フライング・テーマ」

             「レイダース・失われた聖櫃」(1981年)より「レイダース・マーチ」

                              指揮:小川幹人

舞台いっぱいに広がるフルオーケストラ、大迫力の音の饗宴。

ディズニーオーケストラ

学生の濱上真琴さん編曲によるディズニー・メドレー。   指揮:大北晃司

魔法使いの弟子リトル・マーメイドくまのプーさんアラジンピーターパン

南部の唄ミッキーマウス・マーチ! まさにファンタジック・ワールド

 

 万雷の拍手鳴り止まず!会場は興奮の渦となりました。

 台風が近づき、雨の降る中、たくさんのお客様にお出でいただき、ありがとうございました。京都市北文化会館では、今後も魅力ある事業を展開してまいります。どうぞよろしくお願い申し上げます。

2013.08.30 平成25年度 文化芸術活性化パートナーシップ事業 無料公演 同志社クラシック

平成25年度 文化芸術活性化パートナーシップ事業 無料公演

同志社クラシック

同志社交響楽団による、演奏会です。

 クラシック音楽、映画音楽、TVドラマ音楽など、大学生によるフルオーケストラサウンドのフレッシュな演奏をお楽しみください。

  開催日:平成25830日(金)

 

          開場:午後5時30分

 

 

          開演:午後6時

          終演:午後8時(予定)

 

      会場:京都市北文化会館 2階 ホール

            地下鉄烏丸線北大路駅1番出口すぐ。

            市バス北大路バスターミナル下車すぐ。

             ※京都市北文化会館には駐車場はございません。

              公共交通機関をご利用ください。

 

 

 

1.アンサンブルの部

   弦楽アンサンブル

      マーラー:交響曲第5番4楽章「アダージェット」

      ヴォーン・ウイリアムズ:グリーンスリーヴスによる幻想曲

            指揮:池田 淳

   金管アンサンブル

      高橋宏樹:金管八重奏のための文明開化の鐘
   木管アンサンブル

      ハイドン:交響曲第6番「朝」

 

2.回生オーケストラの部

   1回生オーケストラ

      ビゼー:「アルルの女」第二組曲よりファランドール

            指揮:高原 慧

      サン=サーンス:歌劇「サムソンとデリラ」よりバッカナール

            指揮:湯浦 真太郎  

   2回生オーケストラ

      ヴェルディ:歌劇「シチリア島の夕べの祈り」序曲
            指揮:正木 聡帆


3.企画オーケストラの部

      服部隆之:NHK大河ドラマ「新撰組」オープニングテーマ

      坂本龍一:NHK大河ドラマ「八重の桜」オープニングテーマ 

      池辺晋一郎:NHK大河ドラマ「黄金の日日」オープニングテーマ

            指揮:池田 淳

      ジョン・ウィリアムズ

         映画「E.T.」より「フライング・テーマ」

         映画「レイダース・失われた聖櫃」より「レイダース・マーチ」

            指揮:小川 幹人                                     

      助E上真琴(当楽団員)編曲:ディズニーメドレー

            指揮:大北 晃司                             

 

       入場料無料 先着順(定員405名)

            ※定員になり次第入場をお断りする場合があります。

 

      お問合せ/京都市北文化会館 (075)493-0567

             同志社交響楽団(都島) (090)4407-9458

 

 

主催/京都市北文化会館(公益財団法人 京都市音楽芸術文化振興財団)・京都市

    同志社交響楽団

 

2013.08.19 KITABUN伝統芸能鑑賞会「京都・夏の学生狂言の会」を開催しました。

平成25818(日曜日)

 

「京都・夏の学生狂言の会」を開催しました。

 

恒例になりましたKITABUN伝統芸能鑑賞会

今年は京都大学と同志社大学の能楽部狂言会とOB、OGの皆さんによる狂言を上演いたしました。

フレッシュな演技に、会場は大爆笑の渦でした。

 

昆布売

 

     若狭小浜めしコンブ」言ってみな!

 

附子

 

     ぶすなんかじゃない!水あめなんだ!

 

口真似

 

「身どもの言う様する様にせい。」「かしこまりました。」??

 

 

     竹生島           吉野天人

    京都大学観世会による招待仕舞です。

 

 

     田村クセ     紅葉狩 中入前      猩々

       京都大学金剛会による招待仕舞です。

   

樋の酒

 

 いつでもどこでも、どんな状況でも、酒盛りしたいんです。

   東京大学とお茶の水女子大学による招待狂言です。

 

国栖キリ       清経キリ          安宅  

           同志社大学金剛会による招待仕舞です。

 

柿山伏

 

    あれは‥‥カラスじゃ。  いやサルじゃ。

 

  よくよく見れば‥カラスでもサルでもなくて‥トビじゃな。

 

因幡堂

 

    わーっ!なんでお前がここにいるんだ?☆☆☆

 

連日の猛暑にもかかわらず、ご来場いただきました大勢の観客の皆様、大変ありがとうございました。お楽しみいただけましたでしょうか。

 

 京都市北文化会館では、魅力ある自主事業を企画し、皆様のお越しをお待ちしております。これからもどうぞよろしくお願い申し上げます。