京都市右京ふれあい文化会館

〒616-8065
京都市右京区太秦安井西裏町11番地の6
TEL:075(822)3349(代)
FAX:075(822)3384

トピックス

2014.11.10 【更新情報】 パートナーシップ事業『NEO吹奏楽団オータムコンサート』(11/9)の公演レポートをUPしました。

文化芸術活性化パートナーシップ事業 教育プログラム

『NEO吹奏楽団オータムコンサート in 広沢小学校』(11/9)の公演レポートをUPしました。

こちらのリンクからご覧ください。

 

2014.11.09 【右京ふれあいミニギャラリー】 平成26年度敬老ポスター展 受賞作品展覧会(11/10月〜11/17月)

【右京ふれあいミニギャラリー開催中!】

 

右京区モラロジー事務所主催「平成26年度右京区敬老ポスター展」に応募された多くの作品の中から、厳正な審査の結果表彰された作品を多数展示しています。

どなた様でも無料でご覧いただけますので、子ども達の心あたたまる力作をぜひご覧ください。

 

 

◆右京区モラロジー事務所

「平成26年度右京区敬老ポスター展 受賞作品展覧会」 

期間:平成26年11月10日(月)〜11月17日(月)  

※11月11日(火)は休館日です。

 

時間:午前9時〜午後7時

入場無料

出展者:京都右京区モラロジー事務所

 

◆「右京ふれあいミニギャラリー」の出展者を随時募集しております。

詳しくはこちらのページをご覧ください。

2014.11.08 【講座レポート】 『第4期 京都熟年朗読劇アカデミー』第6回―BGMに合わせて(11/8)

公演まで残すところ2回となった『第4期 京都熟年朗読劇アカデミー』

 

今回は本番を想定し、初めてマイクの前に立って読む稽古をしました。

これまでは机に座って読んでいましたが、立つと声の出し方が少し違って感じられたのではないでしょうか。

 

『わすれられない おくりもの』では、受講生が自分の担当するページのセリフから選んだ映像をスクリーンに投影し、穏やかなBGMを流しながら朗読します。

それぞれが選んできたバラエティに富んだ映像を繋げると、あら不思議、ちゃんと一つの流れに見えてきます。

 

『じごくのそうべえ』は上方落語を題材にした名作です。

軽業師、医者、歯抜き師、山伏のメインキャラクターに加え、地獄の閻魔さまや鬼たちなど、愛嬌ある登場人物たちが活躍します。

受講生も自分の役柄を会得しつつあり、聞いていると思わず「プッ!」と笑うシーンも。

本当(?)の地獄もこんな風だったら楽しそう!

まだ少し遠慮しているのか、声を合わせて一つのセリフを言うシーンが少し上手くいきませんが、あと2回の練習でグッと集中力を高めていきましょう。

 

開講から約2ヶ月の集中特訓ですが、受講生それぞれが自分の思いを精一杯表現しようと頑張っています。

人生経験による深い味わいと、アカデミーを通じて培ったチームワークがどんな成果を産み出すのか…

ぜひとも、11/24(月祝)の『卒業公演』にご来場いただき、18名の物語に耳を傾けていただければ幸いです。

 

 

今日のメニュー 「走れ!」

『おくりもの』はA&Bチームに分かれて。

マイクの前に立つと少し緊張している?
(スピーカーには繋がっていませんが…)

シーンに合わせて選んだ映像を見ながら。

キツネがネクタイを結んでいます

とざい、とーうざい!ぺぺんぺんぺん、ぺん! 講師・日詰さんの指導にも熱が入ります!

 

『第4期 京都熟年朗読劇アカデミー』

開講日:9/20(土)〜11/14(土) [講座7回]

講師:日詰千栄(俳優/劇団カッパ座MCほかで活躍中)

アシスタント:藤田かもめ

とりあげる作品:

 『わすれられない おくりもの』(スーザン・バーレイ/評論社刊)

 『じごくのそうべえ』(田島征彦/童心社刊)

※受講者の募集は終了しました。

 

卒業公演のご案内

11/24(月・祝)14:00開演 [約1時間]

京都市右京ふれあい文化会館 創造活動室

入場無料(定員100名)

●朗読に映像と音響を付けた「朗読劇」を上演します。

10月より活動を始めた18名の受講生が活動の成果を発表します。

人生経験による深い味わいと、アカデミーを通じて培ったチームワークをお楽しみください。

 

2014.11.05 【NEWS!】『おとなBAND SESSION 2014』(12/21)出演バンド決定!!

「おとなパワー、集結せよ。over45よ、ギターを取れ!」

そんな熱いメッセージとともに出演バンドを募集していた『おとなBAND SESSION 2014』(12/21)。

今回多数の応募があり、10月下旬に行った選考会の結果、7団体の出演が決定しました!

 

ワールドくんもお手伝い☆
 

右京区内のライブハウスのマスターお二人と会館スタッフによる和やかかつ厳正な選考会となりました。

 

ビートルズや洋楽ロック、J-POP、グループサウンズなどのカバーバンドに本格的なビッグバンドなど、バラエティに富んだラインナップが実現しました!!

3人のバンドから15人の大所帯まで、7団体それぞれに個性があり、熱気溢れる3時間となることでしょう!!

 

 

【速報】出演バンドはこの7団体!(順不同)

STAR SHIP(スターシップ)…プリンセス・プリンセスのコピーバンド

KKS&Y…RCサクセションなど

THE MAYBEAS(ザ・メイビーズ)…ビートルズ、グループサウンズ

バサやんとRock地蔵…グループサウンズ

TEN-CLOVER(テン・クローバー)…J-POPのカバー

ニューシャープハードオーケストラ…ビッグバンド

THOUSAND AVENUE(サウザント・アベニュー)…エリック・クラプトンなど

 

遠藤のぶこ(ラジオパーソナリティ)…ナビゲーター

スペシャルゲスト決定!詳細は後日発表します…乞うご期待!!

 

 

ただいま、公演告知のチラシを鋭意制作中です。

11月半ばにはリリースいたしますので、どうぞお楽しみに!!

 


市民創造ステージ in 右京

『心に響く、おとなBAND SESSION 2014

―おっちゃんて言わんといて』

 

平成26年12月21日(日) 15:00開演

京都市右京ふれあい文化会館 ホール

入場無料(定員448名)

 

 

2014.10.30 【右京ふれあいミニギャラリー】 山口妙子 墨彩画作品展(10/29水〜11/3月祝)

【右京ふれあいミニギャラリー】

 

◆山口妙子 墨彩画作品展

今夏作品展を開かれた山口妙子さんが、秋の作品をたくさん持ってきてくださいました。

今回の自信作は、軸装された3点の水彩画。

秋から冬へ向かうこの季節に合わせて、「七福神」、「松に鶴」などおめでたい題材を描いた掛け軸は見事です。

また書もされる多才ぶりで、百人一首の『花の色は…』を添えた紫式部の軸は色鮮やかです。

 

会館ホワイエはどなたでもお入りいただけますので、ぜひご来館ください。

 

出展者の山口妙子さん

イチバンの力作!

「温情献上」素敵な言葉です 今回もたくさん作品をお持ちいただきました

 

期間:平成26年10月29日(水)〜11月3日(月・祝)

時間:午前9時〜午後7時 ※ただし、最終日は午後5時まで

入場無料

出展者:山口妙子

 

◆「右京ふれあいミニギャラリー」の出展者を随時募集しています。   

 詳しくはこちらのページをご覧ください。

2014.10.27 【レポート】 『右京区民ふれあいフェスティバル2014』(10/25)が開かれました。

10月25日(土)、当会館と太秦安井公園を会場として、『右京区民ふれあいフェスティバル2014』が開かれました。

このイベントは右京区役所が主催し、区民の皆様の交流とふれあいを深め、多様な団体が協力し合うきっかけとすることを目指しています。

当日は絶好の行楽日和となり、昨年より多くの区民の皆さまが来場され、大変な賑わいとなりました。

 

会館屋上から会場の公園をパチリ

 

『おまつりステージ』では、子ども太鼓や中学生によるチアリーディング、吹奏楽・コーラスなどの音楽発表や、消防局・警察署による啓発コーナーなど、楽しく元気な舞台発表が繰り広げられていました。

公園の芝生エリアでは、展示・体験・販売等のブースが約70も出ていて大にぎわい!

特に、各自治会連合会・女性会や各種団体・施設のお店で売られるたくさんの美味しいものや新鮮な野菜、手づくりパンなどが人気を集めていました。

また、区内にある京都光華女子大学さんのご協力で、学生さんたちによる手づくり体験イベントやゲームコーナーのテントも出ていました。

右京区に関わる行政各機関や教育機関、交通局・鉄道会社、女子プロ野球「フローラ」、京都サンガF.C.など、文字どおり「オール右京」が集結し、体験コーナーやPRブースで広報活動を行っていました。

 

京都光華女子大学のみなさん♪
久しぶりに登場したワールドくんは消防士体験中

 

このフェスティバルに来れば右京区の全てがわかる!一大イベント。

右京ふれあい文化会館も全面協力し、右京区が楽しく賑わうお手伝いをしています。

 

2014.10.26 【講座レポート】 『第4期 京都熟年朗読劇アカデミー』第5回―配役発表その2(10/26)

全8回の折り返し地点を回った『第4期 京都熟年朗読劇アカデミー』

そろそろ本気でスパート!

いつものストレッチを済ませたあと、お待ちかねの『じごくのそうべえ』の配役が発表されました。

特に主要登場人物に指名された方々の表情が、緊張とやる気に満ちていました。

また、今回から当日上映する挿絵の映像も大きく映し出し、イマジネーションを膨らませるのに役立っているようでした。

 

『おくりもの』では、受講生が自分に割り当てられたシーンにふさわしいと思う画像素材を持ち寄り、スクリーンに投影する予定です。

自分で絵を描く人、気に入った写真を選ぶ人、それぞれに工夫を凝らしていて、「ああ、そういう気持ちなんだな」と伝わってきます。

 

今日のメニュー 「はばたけ!」

首もグルグル回してストレッチ
映像の準備も万全です! 配役が決まると実感が湧きます

 

『第4期 京都熟年朗読劇アカデミー』

開講日:9/20(土)〜11/14(土) [講座7回]

講師:日詰千栄(俳優/劇団カッパ座MCほかで活躍中)

アシスタント:藤田かもめ

とりあげる作品:

 『わすれられない おくりもの』(スーザン・バーレイ/評論社刊)

 『じごくのそうべえ』(田島征彦/童心社刊)

※受講者の募集は終了しました。

 

卒業公演のご案内

11/24(月・祝)14:00開演(予定)

京都市右京ふれあい文化会館 創造活動室

入場無料(定員100名)

●朗読に映像と音響を付けた「朗読劇」を上演します。

 受講生が心を合わせて朗読しますので、ぜひご来場ください。

 

2014.10.19 【講座レポート】 『第4期 京都熟年朗読劇アカデミー』第4回―配役発表その1(10/19)

『第4期 京都熟年朗読劇アカデミー』に参加している受講生は総勢18名。

男性6名女性12名で、最年少は51歳、最年長は74歳、平均年齢は63歳です。

やりたいことがあって集まっているメンバーだからでしょうか、みなさんとても生き生きしていらっしゃるので、中学校の教室のような雰囲気で、とても楽しそうですよ。

 

いつものストレッチ、「あめんぼのうた」、コミュニケーションゲームをこなして体とノドを温めたあと、机を出して本読みをスタート。

 

今日は『わすれられない おくりもの』の配役が発表されました。担当のページが決まると、皆さんも具体的な目標が出来たようで、ガラリと雰囲気が変わってきました。

この作品は、友人の死を通して、知恵や工夫を共有しながら、残された者たちが日々を生きていくことの大切さを語った秀作です(出展:絵本ナビ)。

熟年世代の受講生の皆さんにとっても身近なテーマだからでしょうか、感情移入もしやすい様子で、しっとりしみじみと読んでいらっしゃいました。

 

後半は『じごくのそうべえ』の本読みと、効果音を付ける稽古をしました。

自由に発想して演じるのは思ったよりも難しいものですが、講座も4回目で皆さんものびのびと取り組めるようになり、意外な人が意外なパフォーマンスをしたりするので、聞いていて思わず笑いがこぼれるシーンも増えてきました。

来週は『そうべえ』の配役が発表されます。楽しみです!

 

今日のメニュー 「轟け!」

『わすれられない おくりもの』配役発表
  
真剣な面もちで本読みに取り組んでいます

 

『第4期 京都熟年朗読劇アカデミー』

開講日:9/20(土)〜11/14(土) [講座7回]

講師:日詰千栄(俳優/劇団カッパ座MCほかで活躍中)

アシスタント:藤田かもめ

とりあげる作品:

 『わすれられない おくりもの』(スーザン・バーレイ/評論社刊)

 『じごくのそうべえ』(田島征彦/童心社刊)

※受講者の募集は終了しました。

 

卒業公演のご案内

11/24(月・祝)14:00開演(予定)

京都市右京ふれあい文化会館 創造活動室

入場無料(定員100名)

●朗読に映像と音響を付けた「朗読劇」を上演します。

 受講生が心を合わせて朗読しますので、ぜひご来場ください。

 

2014.10.17 【講座レポート】 『第4期 京都熟年朗読劇アカデミー』第3回―本読み(10/4)

ほぼ毎週講義を行っている『第4期 京都熟年朗読劇アカデミー』

前回、スタッフが講師と受講生のプロフィール写真を撮影しました。

普通のカットと「3、2、1!」で思い思いのポーズをとっているカットを撮り、写真付き名簿に仕立て上げました。

本名とニックネームも添えていますので、これでお互いの顔と名前が一致しますね。

 

いつものストレッチをおこなった後、滑舌の練習のお約束「あめんぼのうた」が配られました。

『あめんぼ赤いなアイウエオ 浮(うき)藻(も)に小蝦(こえび)もおよいでる』

これは北原白秋が作った詩で、50音をバランスよく配しているため、演劇での発声練習によく用いられます。

この詩を大きな声で読むと、少し俳優に近づいた気持ちになってきます。

 

本読みでも、自分の声に感情を乗せるコツもつかみつつある様子。

『じごくのそうべえ』では、お話だけでなく情景や効果音も演じることになっています。

地獄へ向かう火の車の音、三途の川のせせらぎ、針の山の様子などを、想像力を働かせて思い思いの方法で表現します。

次回には、配役を決めていきます。グッと集中度が高まってきます!

 

 

今日のメニュー 「輝け!」

あめんぼのうた(クリックすると拡大します)

写真付き名簿!

本読みも力が入ってきました

 

『第4期 京都熟年朗読劇アカデミー』

開講日:9/20(土)〜11/14(土) [講座7回]

講師:日詰千栄(俳優/劇団カッパ座MCほかで活躍中)

アシスタント:藤田かもめ

とりあげる作品:

 『わすれられない おくりもの』(スーザン・バーレイ/評論社刊)

 『じごくのそうべえ』(田島征彦/童心社刊)

※受講者の募集は終了しました。

 

卒業公演のご案内

11/24(月・祝)14:00開演(予定)

京都市右京ふれあい文化会館 創造活動室

入場無料(定員100名)

●朗読に映像と音響を付けた「朗読劇」を上演します。

 受講生が心を合わせて朗読しますので、ぜひご来場ください。

2014.10.16 【NEWS!】『ちょっと素敵な朝からクラシック』(12/3 呉竹文化センター)チケット発売中

「京都市呉竹文化センターがお届けする ちょっと素敵な朝からクラシック」が開催されます。

京都市交響楽団で活躍する弦楽器・管楽器9人によるアンサンブルが、『魅惑のスクリーン・ミュージック』と題し、往年の名画の音楽を演奏します。

呉竹文化センターは京阪・近鉄「丹波橋」駅スグの好立地!右京区からでもお出かけしやすいホールです。

朝イチバンから今をときめく京響メンバーの華やかなアンサンブルをお楽しみください。

 

平成26年12月3日(水) 10:30開演

京都市呉竹文化センター ホール(定員600名)

全席自由/前売500円(当日800円)

京都市右京ふれあい文化会館でも前売券を発売しています。

 

【NEWS!】『ちょっと素敵な朝からクラシック』(12/3 呉竹文化センター)チケット発売中

2014.10.16 【更新情報】『NEO吹奏楽団オータムコンサート2014 in 広沢小学校』(11/9)、『京都ウインドオーケストラ 右京ふれあいブラスコンサート』(11/16)開催

11月に、文化芸術活性化パートナーシップ事業のパートナー団体として活動しているNEO吹奏楽団京都ウインドオーケストラによる 教育プログラムコンサートを開催します。

それぞれのコンサート情報は、下記のリンクからご覧ください。

いずれも入場無料ですので、どうぞお気軽にご来場ください!!

 

『NEO吹奏楽団オータムコンサート2014 in 広沢小学校』

11/9(日)10:30〜 京都市立広沢小学校 体育館

 

『京都ウインドオーケストラ 右京ふれあいブラスコンサート』

11/16(日)14:00〜 京都市右京ふれあい文化会館 ホール

 

2014.10.09 【NEWS!】 掲示板がハロウィンムードに!

昨夜の皆既日食はご覧になりましたか?

会館の前は太秦安井公園なので視界を遮るものが無く、「赤い月」がきれいに見えていました。

公園ではミニ観察会やアマチュアカメラマンもチラホラ…。

 

会館前の掲示板にはイベントの案内やポスターを貼り、道行く方々に情報をお届けしています。

今年度は、季節に合わせたちょっとした飾り付けをして、皆さまの目を楽しませながら掲示板に注目していただこう!と工夫しています。

立ち止まってご覧になるご近所の方々とスタッフがお話する機会も増えています♪

 

栗とドングリの中からキノコが!!

 

当会館で開催されるイベントについてはポスター等を貼り出すことが出来ます。

主催者の皆さま、ぜひ素敵なポスターを作って事務室へお持ちください。

 

2014.09.29 【更新情報】 パートナーシップ事業『NEO吹奏楽団ふれあいコンサート』(9/21)の公演レポートをUPしました。

文化芸術活性化パートナーシップ事業 教育プログラム『NEO吹奏楽団ふれあいコンサート』(9/21)の公演レポートをUPしました。

こちらのリンクからご覧ください。

2014.09.27 【講座レポート】 『第4期 京都熟年朗読劇アカデミー』第2回―ストレッチ&本読み(9/27)

9/27(土)に『第4期 京都熟年朗読劇アカデミー』の第2回の講座を開催しました。

 

心に響く柔らかい声を出すために、まずはココロとカラダをほぐすことから始めます。

まずはストレッチをして、体の力の抜き方を覚えました。

ふだん意識はしていなくても、首や肩、背中に力が入っているようです。

続いて発声練習のしかたも伝授。

意識して口を広げ、お腹から声を出すと、気分もスッキリします。

前回と同じコミュニケーションゲームもレベルアップして、ちょっとした頭の体操にもなっていました。

 

休憩を挟んだ後半、いよいよ待望の本読みに取りかかります。

その前に、受講生の台本の装丁がスゴイ!!と騒ぎになりました。

前回の講座で、演出や配役を直接書き込むための台本をお配りし、各自が表紙を自分の好みに飾り付けしていただきました。

閻魔さまと鏡を配したものや、得意な切り絵で飾った受講生もいて、少しずつ皆さんの個性が表れてきているようですよ。

最初は緊張して文章を読んでいるだけですが、講師の日詰さんがアドバイスするとグンと良くなり、情景が目に浮かんできます。

あっという間に2時間半がたち、本日はお開き。

では、また来週。ごきげんよう、さようなら。(花アン風)

 

 

今日のメニュー

ストレッチでカラダをほぐします

ニックネームと好きな本と食べ物を叫ぶ!

 

ある受講生の台本!

愛嬌のある閻魔さま&鏡

 

 

『第4期 京都熟年朗読劇アカデミー』

開講日:9/20(土)〜11/14(土) [講座7回]

講師:日詰千栄(俳優/劇団カッパ座MCほかで活躍中)

アシスタント:藤田かもめ

とりあげる作品:

 『わすれられない おくりもの』(スーザン・バーレイ/評論社刊)

 『じごくのそうべえ』(田島征彦/童心社刊)

※受講者の募集は終了しました。

 

卒業公演のご案内

11/24(月・祝)14:00開演(予定)

京都市右京ふれあい文化会館 創造活動室

入場無料(定員100名)

●朗読に映像と音響を付けた「朗読劇」を上演します。

 受講生が心を合わせて朗読しますので、ぜひご来場ください。

 

2014.09.27 【講座レポート】 『第4期 京都熟年朗読劇アカデミー』開講!(9/20)

京都市右京ふれあい文化会館の名物講座、『第4期 京都熟年朗読劇アカデミー』が9/20(土)に開講しました。

 

この「京都熟年アカデミー」は、50歳以上の方々を対象に、プロの指導により舞台芸術の創作活動を応援するプロジェクトです。

平成17年にスタートし、今期をもって「丸10年」を迎えました!

これまでに、「ミュージカル」(2期4年)、「人形劇」(2期2年)を実施し、卒業生の中から独自で活動するグループもいくつか誕生しています。

「本と声があれば誰でもどこでも出来る」手軽さから人気の「朗読劇」は、4期4年目を開講することとなり、たくさんの応募者の中から抽選で男性6名・女性12名の合計18名にご参加いただくことになりました。

さあ、いよいよ11月の卒業公演を目指して稽古がスタート!!

 

講座の説明と自己紹介とニックネームの披露!

ニックネームと好きな野菜を言い合うゲーム

ぐっと距離が縮まりました

講師による模範朗読

こんな風に読めるようになりたいな

 

まずは自己紹介から。

みなさんそれぞれのバックグラウンドや経験をお持ちで、自己紹介を聞いているだけでもドラマチック!物語のようです。

簡単なゲームでコミュニケーションを深めたあと、講師を務める俳優の日詰千栄さんとアシスタントの藤田かもめさんが、お手本の朗読を聴かせてくださいました。

昨年初めて取り上げ大変好評だった『じごくのそうべえ』では、若干の演出や音響効果も入っています。

そして、今年の新作『わすれられない おくりもの』

身近な人の死をどう受け入れ、明日をどう生きていくのかが描かれた静かなお話を、日詰さんが心を込めてそっと読んでくださいました。

 

 

『第4期 京都熟年朗読劇アカデミー』

開講日:9/20(土)〜11/14(土) [講座7回]

講師:日詰千栄(俳優/劇団カッパ座MCほかで活躍中)

アシスタント:藤田かもめ

とりあげる作品:

 『わすれられない おくりもの』(スーザン・バーレイ/評論社刊)

 『じごくのそうべえ』(田島征彦/童心社刊)

※受講者の募集は終了しました。

 

卒業公演のご案内

11/24(月・祝)14:00開演(予定)

京都市右京ふれあい文化会館 創造活動室

入場無料(定員100名)

●朗読に映像と音響を付けた「朗読劇」を上演します。

 受講生が心を合わせて朗読しますので、ぜひご来場ください。