京都市呉竹文化センター

〒612-8085
京都市伏見区京町南七丁目35番地の1
TEL:075(603)2463(代)
FAX:075(603)2465

自主公演のご案内

2020年度 < 2021年度 > 2022年度

4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月

ゴールデンウィーク特別上映会
「心の傷を癒すということ 劇場版」

【公演中止のお知らせ】

 

5月1日(土)=会場:京都市北文化会館 ホール

5月2日(日)=会場:京都市呉竹文化センター

いずれも 1回目 10:30上映開始 / 2回目14:00上映開始

 

ゴールデンウイーク特別上映会「心の傷を癒すということ 劇場版」は、緊急事態宣言の発出に伴う施設の休館のため、やむなく開催を中止することとしました。

公演を楽しみにしてくださっていたお客さまには、心よりお詫び申し上げます。

 

チケット代金の払い戻し方法につきましては、ご購入いただきました会館窓口でご確認ください。

なお、払い戻しの際にはご購入されたチケットが必要になりますので、なくさないようお手元に保管ください。

 

◆お問い合わせ

京都市呉竹文化センター TEL:075-603-2463(9:00〜17:00)

 


ゴールデンウィーク特別上映会

 

心の傷を癒すということ 劇場版

 

 

阪神・淡路大震災時、被災者の”心のケア”のパイオニアとして

奮闘しつづけた精神科医のヒューマンドラマ

 

 

1995年。阪神・淡路大震災時、自ら被災しながらも、被災者の「心のケア」に奔走した若き精神科医・安克昌氏。

同氏の著書「心の傷を癒すということ 神戸・・・365日」(第18回サントリー学芸賞受賞)を原案とし、NHKでドラマ化されて大きな反響を呼んだ作品が、待望の映画化!

医師として、夫として、父として生き抜いた、「心のケア」のパイオニアの半生を描く感動作。

 

 

- あらすじ -

父に猛反対されるも、精神科医の道を志す安和隆(柄本佑)。

映画館で出会った終子(尾野真千子)と恋に落ちた和隆は、精神科医となり、おだやかな家庭を築いていた。

しかし、第一子が誕生してまもなく大地震が神戸を襲う。

和隆は避難所で多くの被災者の声に耳を傾け、心の傷に苦しむ人たちに寄り添い続け「心のケア」に奔走する。

5年後、街は徐々に復興を遂げ、和隆も新しい病院に移り、理想の医療に燃えていたが、ある日、和隆にがんが発覚する・・・。

 

↑クリックで拡大 ↑クリックで拡大

(C)映画「心の傷を癒すということ」製作委員会

 

主演:柄本佑

出演:尾野真千子、濱田岳、森山直太朗、キムラ緑子、石橋凌、近藤正臣 他

脚本:桑原亮子

 


 

会場・日時

京都市北文化会館 ホール

令和年 5 日 (土)

京都市呉竹文化センター ホール

令和年 5 日 (日)

 

両日共:1回目 10:30上映開始 / 2回目 14:00上映開始

※開場はいずれも1時間前です。

 

入場券  3月18日(木)販売開始!

前売券 1,000

当日券 一般:1,300円 シニア:1,100

※小中高生  800円(当日のみ販売)

※小学生未満 無料

※障がいのある方・付き添いの方(1名のみ)は1,000円(前売・当日共)

※全席自由

※当会館窓口ほか京都市文化会館各館で販売中!

 


 

【新型コロナウイルス感染症感染拡大予防にご協力ください】

※入場の際は、「入館者チェックシート」をご記入のうえご提出をお願いいたします。

※当日会場でもご記入いただけますが、人の密集を避けるため、事前にご記入のうえ、お持ちいただきますよう、ご協力をお願いいたします。

※「入館者チェックシート」は、チケットご購入時にもお渡ししております。

 


 

[主 催]

公益財団法人京都市音楽芸術文化振興財団

京都市

株式会社京都映画センター

 

[お問い合わせ先]

京都市呉竹文化センター    TEL 075-603-2463

京都市北文化会館       TEL 075-493-0567

株式会社京都映画センター   TEL 075-256-1707