京都市東部文化会館

〒607-8169
京都市山科区椥辻西浦町1番地の8
TEL:075(502)1012(代)
FAX:075(502)1014

自主公演のご案内

2020年度 < 2021年度 > 2022年度

4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月

「地域のみんなの狂言鑑賞会」を開催します。

KYOTO伝統芸能フェスティバル2021

令和3年度

京都市東部文化会館 伝統音楽・伝統芸能シリーズ

 

地域のみんなの狂言鑑賞会

を開催します。

 

 

日 時:令和3年11月20日(土)

開 場:10時30分

 

開 演:11時

 

終 演:12時30分(予定)

 

会 場:京都市東部文化会館 ホール

 

入場料:無料(要入場整理券)

    定員550名

 

 

 昨年来、新型コロナウイルス感染症の感染拡大のため、学校が休みになったり、楽しみにしていた行事が中止になったり、辛い思いをする日々が続いています。

 

 昔から、感染症が流行することはしばしばありました。衛生状態も悪く、医療も発達しておらず、なすすべもなく大勢の人が命を落としていきました。原因もわからない時代、人々はどれほど怖かったことでしょう。悲しい歴史を繰り返しながら、多くの知恵と知識を得て、恐ろしい病気から自分たちを守る術を手に入れて来ました。私たちは、昔のことを知ることによって、今を、未来を、よりよく作り上げることができるのです。

 

 日本の古典芸能の一つである狂言は、南北朝時代頃に発生し、室町時代から江戸時代にかけて完成されました。狂言の特徴は喜劇であることです。どんな時代にも、人々にとって「笑い」は必要なものでした。過去の辛く困難な時代にも、「笑い」は人々にそれを乗り越える力を与えていたことでしょう。狂言を観て大笑いしながら、そんなことを感じていただければ幸いです

 

 

 

 今回上演する「柿山伏」は、小学6年生の国語の教科書「伝統文化を楽しもう」の単元に掲載されており、「口真似」は「何でも私の言うとおりやりなさい。」で大騒動を起こす、代表的な狂言です。抱腹絶倒のコメディ二題を、存分にお楽しみください。

 

 

出 演:大蔵流狂言師 茂山千五郎家 茂山逸平氏 ほか

 

 

内 容:

  ●狂言の紹介

 

  ●地域の小学生による

   体験プログラム

 

  ●狂言「柿山伏(かきやまぶし)

     「口真似(くちまね)

 


   

  入場整理券の配布は、

  小学生と保護者は9月10日(金)から、一般は10月1日(金)からです。

 

  配布場所は、京都市東部文化会館、時間は9:00〜17:00、火曜日は休館です。

  先着順で無くなり次第配布を終了させていただきます。

 


 

主催:京都市東部文化会館(公益財団法人京都市音楽芸術文化振興財団)・京都市

後援:京都市教育委員会

助成:一般社団法人地域創造

協力:京都女子大学能楽部宝生会