京都市東部文化会館

〒607-8169
京都市山科区椥辻西浦町1番地の8
TEL:075(502)1012(代)
FAX:075(502)1014

トピックス

2017.07.28 CIRCULATION KYOTO 報告1 7月22日 ワークショップ

ロームシアター京都と京都市文化会館5館が連携し、「まちの見方を180度変える ローカルメディアづくり〜CIRCULATION KYOTO(サーキュレーション キョウト)〜」 というプロジェクトを開催しています。

 

 

サーキュレーション キョウト とは?

 このプロジェクトでは、一般公募で集まった参加者が、京都市文化会館がある5つの地域のチームに分かれて、それぞれの地域の新しい魅力や、解決すべき課題などを探します。

 そして、地域の新たな姿を見つけ、「ローカル」と「メディア」を問い直し、地域の人と人とのコミュニケーションを促す、今までにない新しい「メディア」を構想、制作します。

 「メディア」作成には、プロの編集者やデザイナーなど様々な講師の方、それぞれの地域に住む人(キーパーソン)にご協力をいただいています。

 

● 東部文化会館 ・・・・・・・・・・・ 山科・醍醐エリア

● 呉竹文化センター ・・・・・・・・ 伏見区エリア

● 北文化会館 ・・・・・・・・・・・・ 北区エリア

● 西文化会館ウエスティ ・・・・ 西京区エリア

● 右京ふれあい文化会館 ・・・ 右京区エリア

 

これまでの活動

 6月から、参加者と講師で全6回のワークショップ(参加体験型講座)を行います。

 これまでのワークショップでは、講師による講義で、5つの地域の特徴、取材方法、文章の書き方、デザイン方法など、「メディア」作成に必要な知識、技術を学びました。

 その後、5つの地域のチームにわかれて、実際に街へ行き、調査や地元の人へインタビューを行い、地域の魅力、課題を探しました。

 

<これまでのワークショップ>

  • 第1回 「新たな“移動”を促すローカルメディアのかたちとは」
  • 第2回 「地域の課題と宝物を見つけるリサーチ」
  • 第3回 「地域に入り込む取材・交渉・デザイン」

 

 現在は、どんな「メディア」を作るか、チームで構想を練っています。

 地域の情報を発信する「メディア」といえば、地域新聞、回覧板、インターネットのホームページなどがあります。しかし、このような既にあるものではなく、今までにない、面白くて皆が楽しめるような、情報の発信方法を各チームで試行錯誤しています。

 

 第3回目のワークショップで、各チームで考えた「メディア」の発表会を行いました。その様子をお伝えします。

 

 

7月22日(土) 第3回ワークショップ 「地域に入り込む取材・交渉・デザイン」

ロームシアター京都

 

 

ゆったりとした憩いスペースと

同じフロアにある会議室が会場です

 

参加者の皆さん