京都市右京ふれあい文化会館

〒616-8065
京都市右京区太秦安井西裏町11番地の6
TEL:075(822)3349(代)
FAX:075(822)3384

自主公演のご案内

2018年度 < 2019年度 > 2020年度

4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月

あーる de 右京 その15
ヴァイオリンとヴィオラによるデュオ SoLa

ヴァイオリンとヴィオラによるデュオ  SoLa(ソラ)

 

2016年夏から開催している、気軽でこぶりなアートイベントシリーズ「あーる de 右京」の中でも人気なのが、ミニコンサート。

ママ&ベビーも楽しめる回とおとな向けの聴き応えあるコンサートの2つを開催します。

演奏は京都市交響楽団で活躍する2人による弦楽ユニット、SoLa。 癒しの弦の響きに身を任せてリラックスしませんか?

 

[演奏]SoLa(ソラ)

      

木下知子(ヴァイオリン)と五十嵐美果(ヴィオラ)により2008年に結成。

身近に楽しめるクラシックコンサートを」という想いから、町家やカフェ、自然と親しめるような場所等、さまざまな場所で多様なジャンルの音楽を取り入れ、こどもからおとなまで、お客様と一体となって楽しめるコンサートを企画、開催。 またホームコンサートや各種イベントにも招待され“音楽を一緒に楽しもう”という方々との交流を深めている。

現在2人共に京都市交響楽団団員。

 

★コンサートの様子(過去のコンサートから)

●ママ&ベビー向け

おざぶとんの上でリラックス〜

●おとな向け

よく響く空間で音に包まれます

 

 


クリックすると拡大!

あーる de 右京 その15

ヴァイオリンとヴィオラによるデュオ

SoLa(ソラ)

 

2019年107日(月)
京都市右京ふれあい文化会館
ホール奥ホワイエ(各回定員80名)


●11:00〜 ママ&ベビー向け

ほわほわコンサート(約30分/入場無料)

*どなたでもお聴きいただけます


●14:00〜 おとな向け

神無月コンサート(約45分/全席自由500円)

 

[プログラム]ほわほわ /神無月
ふたりのフィドラー
しょうじょうじのたぬきばやし
シューベルト:トロイメライ
J. S. バッハ:インヴェンション
モーツァルト:ヴァイオリンとヴィオラのデュオ ト長調 K.423 ほか

 

[チケットの取り扱い]
京都市右京ふれあい文化会館 事務室のみで販売
TEL 075-822-3349
受付時間=9:00〜19:00/毎週火曜休館

 

あーる de 右京って?

京都市右京ふれあい文化会館がお届けするミニコンサートやワークショップなどのアート・シリーズ。

地域のみなさんが「ふらり」と会館へよりみちして、短時間の「お試しサイズ」で芸術や文化に気軽に触れる時間をお届けします。

 

あーる de 右京の『あーる』は、フランス語で「Art=芸術」を意味し、直訳すると「右京の芸術」。

「京都市右京ふれあい文化会館で芸術を楽しもう」というよびかけと、「右京に行ったら、なんか楽しいことあるで!」と関西弁のつぶやきをかけています。

今後、不定期ですが様々なジャンルのイベントをお届けしますので、ぜひ気軽に会館へお立ち寄りください。

 

主催:京都市右京ふれあい文化会館(公益財団法人京都市音楽芸術文化振興財団)
   京都市

 

【レポート】 あーる de 右京 その15 SoLa

汗ばむ陽気の小春日和(インデアン・サマー)となった10月7日(月)。

「あーる de 右京」シリーズの15回目は、京都市交響楽団で活躍するヴァイオリンの木下知子さんとヴィオラの五十嵐美果さんによる「SoLa(ソラ)」のお二人によるミニコンサートを開催しました。

 

午前中はママ&ベビー向けの「ほわほわコンサート」。
桟敷席にはお座布団を敷き詰め、赤ちゃんや幼児さんが保護者の方とリラックスして音楽を楽しめるようにしています。

クラシック定番曲だけでなく、童謡をオシャレにアレンジした楽曲などを息のあった演奏で聴かせてくださると、おチビさんたちもじっと集中し、手を叩いたりにっこり笑ったりしてくれました。

また、ベビー連れでは音楽会に出かけることが難しいママさんたちも喜んでいらっしゃったのが印象的でした。

 

午後からは、「神無月リサイタル」と題した大人向けのミニリサイタル。

ロビーコンサートとしては初のワンコインコンサートとなった今回ですが、手軽にプロの演奏が聴けるとあって、会館ご近所さんだけでなく電車やバスで駆けつけてくださった方もいらっしゃいました。

大人向けなのでクラシックの楽曲が多めに。

本来は鍵盤楽器のために作られたバッハの「2声のインヴェンション」も、右手パートをヴァイオリン、左手パートをヴィオラで演奏し、ふくよかな和声で聴衆を包み込んでいました。

また、ジャズアレンジの楽曲も披露され、奥深く幅広いレパートリーに盛んに拍手が贈られていました。

 

次の「あーる de 右京」シリーズのコンサートは、12/16(月)午後5時からの「Les Baroquennes レ・バロッケンヌ」です!

前回1月のコンサートは満員御礼の大盛況。

ただいまチケット発売中です!ぜひお早めにお求めください。

 

あーる de 右京 その17

Les Baquennes -レ・バロッケンヌ-

冬のバロックコンサート

 

2019年12月16日(月)17:00開演(約45分)

京都市右京ふれあい文化会館 創造活動室

全席自由 500円 (定員100名/ミニプレゼント付き)

詳しくはコチラ

 

 


あーる de 右京 その15

ヴァイオリンとヴィオラによるデュオ SoLa 当日のプログラム

 

11:00ほわほわコンサート

玉木宏樹:ふたりのフィドラー

シューマン:トロイメライ ―「子供の情景」より

ベートーヴェン:トルコ行進曲 ―劇付随音楽「アテネの廃墟」より

しょうじょうじのたぬきばやし〜コガネムシ〜夕焼け小焼け

ラモー:タンブリン

ラダノヴィチ:曲集"Jazzy”より サークル

 

14:00〜 神無月リサイタル

J. S. バッハ:ガボットとミュゼット

 ―イギリス組曲第3番 ト短調 BWV808より

ラモー:タンブリン ―クラヴサン曲集より

フンメル:ロマンス

J. S. バッハ:2声のインヴェンションより

 No.1 ハ長調 BWV 772 / No.4 ニ短調 BWV 775

 No.9 ヘ短調 BWV 780 / No.8 ヘ長調 BWV 779

シューマン:トロイメライ ―「子供の情景」より

アイルランド民謡:ロンドンデリーの歌

ラダノヴィチ:曲集"Jazzy”より

モーツァルト:ヴァイオリンとヴィオラのデュオ ト長調 K.423