トピックス/TOPICSトピックス/TOPICS
施設のご紹介施設のご紹介
交通アクセス/ACCESS交通アクセス/ACCESS
イベントを観る方へ
イベントスケジュールイベントスケジュール
自主事業のご案内自主事業のご案内
パートナーシップ事業パートナーシップ事業
施設を利用する方へ
利用のご案内利用のご案内
施設の空き情報施設の空き情報
資料ダウンロード資料ダウンロード

自主事業のご案内

2023年度

2024年度

4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月

【3月4日より前売券発売】ゴールデンウィーク特別上映会「こんにちは、母さん」

ゴールデンウィーク特別上映会

 

「 こんにちは、母さん 」

 

 

(C)2023「こんにちは、母さん」製作委員会

 

あなたは、ほんとうに母さんで、

ときどき、ほんとうに女の人だ。

 

山田洋次 × 吉永小百合 × 大泉洋 が 贈る

「母と息子」の新たな出発の物語  

 

 本作のメガホンを取るのは、時代とともに家族の姿を描き続けてきた山田洋次監督。

91歳にして90本目の監督作となる本作では、いまこの令和を生きる等身大の親子を心情豊かに描きます。

 主演を務めるのは、1972年に公開された『男はつらいよ 柴又慕情』をはじめ、『母べえ』(08)『おとうと』(10)『母と暮せば』(15)など約50年間に渡って数々の山田洋次監督作品に出演し、日本映画界を共に牽引し続けてきた吉永小百合。映画出演123本目となる本作で、下町に暮らす母・福江を演じます。その息子・昭夫を演じるのは、数々の映画やNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」での好演が記憶に新しい、国民的人気俳優・大泉洋。

山田洋次監督映画への出演、吉永小百合との共演はともに初めてとなります。

『母べえ』『母と暮せば』に続く『母』3部作として、日本を代表する名女優・吉永小百合の集大成ともいえる本作。日本映画史に残る新たな名作が誕生です。

 

 

●ストーリー

 大会社の人事部長として日々神経をすり減らし、家では妻との離婚問題、

大学生になった娘・舞(永野芽郁)との関係に頭を悩ませる神崎昭夫(大泉洋)は、久しぶりに母・福江(吉永小百合)が暮らす東京下町の実家を訪れる。

「こんにちは、母さん」

しかし、迎えてくれた母の様子が、どうもおかしい...。

割烹着を着ていたはずの母親が、艶やかなファッションに身を包み、イキイキと生活している。

おまけに恋愛までしているようだ!

久々の実家にも自分の居場所がなく、戸惑う昭夫だったが、お節介がすぎるほどに温かい下町の住民や、これまでとは違う“母”と新たに出会い、次第に見失っていたことに気付かされてゆく。

(C)2023「こんにちは、母さん」製作委員会

 

 

 

主演:吉永小百合

出演:大泉 洋、永野芽郁、YOU、枝元 萌、加藤ローサ、田口浩正、

   北山雅康、松野太紀、広岡由里子、シルクロード、明生、名塚佳織、

       神戸 浩、宮藤官九郎、田中 泯、寺尾 聰

原作:永井 愛

脚本:山田洋次、朝原雄三

音楽:千住 明

監督:山田洋次

 


 

会場(いずれもホール)・日時

 京都市北文化会館

 令和6年5月3日(金・祝)

 京都市右京ふれあい文化会館  

 令和6年5月4日(土・祝) 

 京都市呉竹文化センター 

 令和6年5月5日(日・祝) 

全日共:1回目 10:30上映開始 / 2回目 14:00上映開始

※開場はいずれも30分前です。

入場券  3月4日(月)販売開始!

前売券:1,200円

当日券:一般 1,400円/シニア(60歳以上) 1,300円

※小中高生 800円(当日のみ販売) ※小学生未満 無料

※障がいのある方・付き添いの方は1,200円(前売・当日共)

※全席自由

※当会館窓口ほか上映会館で販売

 

[主 催]

公益財団法人京都市音楽芸術文化振興財団、京都市、

株式会社京都映画センター

 

[お問い合わせ先]

京都市北文化会館:TEL 075-493-0567

京都市右京ふれあい文化会館:TEL 075-822-3349

京都市呉竹文化センター:TEL 075-603-2463

株式会社京都映画センター:TEL 075-256-1707