公益法人京都市音楽芸術文化振興財団

English

公益法人京都市音楽芸術文化振興財団

公益財団法人
京都市音楽芸術文化振興財団
ソーシャルメディアポリシー

基本ポリシー

 私たち公益財団法人京都市音楽芸術文化振興財団(以下「財団」という。)は、ソーシャルメディアを通してあらゆる人々(以下「ユーザー」という。)と適切に情報共有を行い、事業活動の活性化を目指してソーシャルメディアを活用します。
 財団が社会に対して責任を果たし、財団職員(一般職員、嘱託職員、臨時職員、パートタイマーを含む。以下同様)がお客様から信頼をいただくための基本姿勢を「財団職員の倫理の保持に関する規程」として別途定めていますが、ソーシャルメディアにおいても同様に、遵守すべき姿勢・行動を以下のとおりに定めます。

定義

 ソーシャルメディアとは、FacebookやTwitter、ブログといったインターネットを利用した情報発信と、不特定多数による閲覧及びコミュニケーションが可能な媒体を指します。

コミットメント

(1)財団とユーザーが適切なコミュニケーションを通して相互理解を深めることにより、事業内容の透明性を高め、お客様からの信頼感や親近感を得られるように常に努力します。
(2)ソーシャルメディアへの情報発信は、あらゆる背景と事情を持つ不特定多数のユーザーが閲覧可能であることを常に意識します。また、発信した情報により他者を傷つけないよう、細心の注意を払います。
(3)ソーシャルメディア上で発信した情報は完全に削除することが出来ないことを常に意識します。

ユーザーの皆様へ

 原則として、投稿に対する返信は行いませんが、必要に応じて回答を行います。ただし、運用者がすべての投稿を閲覧し、投稿に対して回答することを保証するものではありません。

その他

注意事項

 以下に定める投稿は禁止しておりますので、予告なく削除することがあります。
(1)法律、法令等に違反する内容、または違反するおそれがあるもの。
(2)特定の個人・団体等を誹謗中傷するもの。
(3)政治、宗教活動を目的とするもの。
(4)著作権、商標権、肖像権など財団、または第三者の知的所有権を侵害するもの。
(5)広告、宣伝、勧誘、営業活動、その他営利を目的とするもの。
(6)人種・思想・信条等の差別または差別を助長させるもの。
(7)公の秩序または善良の風俗に反するもの。
(8)虚偽や事実と異なる内容及び根拠のないもの。
(9)本人の承諾なく個人情報を特定・開示・漏洩する等プライバシーを侵害するもの。
(10)その他財団が不適切と判断した情報及びこれらの内容を含むホームページへのリンク。

知的財産権

掲載されている個々の情報(テキスト、画像等)に関する知的財産権は、財団または原著作者に帰属します。また、内容について「私的使用のための複製」や「引用」など著作権法上認められた場合を除き、無断で複製・転用することはできません。

免責事項

(1)財団は、利用者間もしくは利用者と第三者間のトラブルにより、利用者または第三者に生じたどのような損害についても、一切の責任を負いません。
(2)財団は、予告なく運用ポリシーの変更や運用方法の見直しまたは運用を中止する場合があります。